職歴

企業での実務経験、及び独立起業等の職歴をご紹介します。
※会社名と会社ロゴに対する全権は各社、及び各権利者にあり、このサイトでのそれらの使用は完全なる非営利目的に基づいています。

BMW Group (ミュンヘン、ドイツ):2006年8月-2007年2月

ネットワークセキュリティ部門のインターンシップとして、リナックスサーバの管理、また日々のログデータを分析するプログラムを開発しました。

私の作成したポイント活字のソフトウェアは、包括的なログデータの日報、及び、個々のデータに狙いを定めて分析することを可能にしました。このプログラムの環境設定が非常にシンプルなこと、拡張が簡単なこと、またXML版であることにより、将来的なさらなる広範囲の使用をも可能にしました。開発、組み替えにおいては、ユーザーにとってシンプルな操作、また将来の利用範囲拡大のための簡単な拡張を第一に考えて取り組みました。

クララオンライン(東京):2006年2月-同年3月

日本のホスティングカンパニー、クララオンラインの販売マネジメント部門でのインターンシップ。市場調査、外国顧客サポート、及び社内ワークフローの改善に従事。
 チームとの日本語でのコミュニケーションを通して、私にとって大変関心のあった「日本のマネジメント」、意思決定、また顧客とのやり取りにおいて、貴重な経験をしました。

ITアドバイザー(個人経営):2002年-現在に至る

リナックスサーバーのインストール、及び環境設定、ウェブプログラミング、デスクトップ環境の管理操作に関するアドバイザー。

BCOMS - バーバリア・コンピューター・サービス
2000年1月-2001年12月

Linuxシステムカンパニー、BCOMS Bavaria Computer Service GmbHの起業者、役員、及び共同経営者。

経営経済学卒業後、同学部及び情報科学部の学友3人と共に、コンピューターシステム会社を設立しました。私は、マーケティング、顧客応対、社内コミュニケーション、及び経営全般の責任者として任務についていました。

主な業務:

主な顧客の属する専門分野:

ネットワークインストールに関しては、たいていはLinux及びWindows環境を取り扱っていましたので、Linux、及びWindowsの利用顧客が大半を占めていました。

経営者として働いたこの期間、顧客応対、組織マネジメントの分野で大変有益な経験を積みました。また、コンピューターシステム(Windows, Linux, Macintosh)に関する知識を大いに強化することができました。しかしながらその後、国際的な活動をする可能性の不足を感じ、自分の配当分を共同経営者に売却し、2001年12月自分の会社から離れました。その後、アジアでの外国起用の資格、またチャンスを得るために、2002年1月、私の第二の学業である日本学の勉強を始めました。

LinuxComputing:2000年-2001年

パソコン専門雑誌「LinuxComputing」の著者として、定期的に記事を執筆。
(専門分野はサーバーソフトウェア、及び実践操作)

W.D.M:1996年-1999年

Wissnet Direct Marketingにて、 事業幹部のアシスタント。

Munich Venture Capital Price
(ミュンヘン投機的事業投資コンクール)
München Buisinessplan-Wettbewerb '97
(ミュンヘンビジネスプランコンクール)
1996年-1997年(両大会同時開催)

イノベーションマネジメント講座、及びバイエルン州文部科学省主催のビジネスプランコンクールにチーム参加。

仮構の製品「ポータブル自転車ソーラー懐中電灯」のためのビジネスプランを作成するという課題のコンクールで、準優勝。

SIEMENS:1996年-1997年

「組織と情報」及び「施設建築技術」の分野、また「州中央銀行建設」のプロジェクトにてインターンシップ。

Copyright (c) 2006, 2007 Alexander Wissnet

Valid HTML 4.01 Strict Valid CSS!

Siluette